ブログトップ

makimako croquis

makimako.exblog.jp

カテゴリ:travel( 46 )

アメリカで買ったもの

 今日は、アメリカの旅の続き。

 アメリカへ行くと必ず行くのが、アンティークモール。
 いつもアンティークモールにいくとなると、とてもわくわくします。
 仕事柄か、ガラスのものに目がいってしまうこともありますが、たいていは、目的のないまま、目に飛び込んでくるものを 手に取って眺めたり、何に使うんだろう?と考えたり。。。。
 で、今回は、黒色とプレーンの麦わら帽子を色違いで二つ買いました。
 麦わら帽子といっても ヘレンカミンスキーでしたっけ?のような、柔らかで、折り畳めるタイプのもの。
 オーストラリアで ヘレンカミンスキーの黒を迷って買わずに、ちょっぴり後悔したことがあったので、今回は、思い切って2つ買いました。といっても値段的にかなり良心的でした。

 あとは、ビルケンシュトックのかかとのないスエードタイプがセールになっていて買ってきました。日本に帰って、実家近くの店で 買った値段の約2倍ほどで売っていました。迷ったけど買ってよかった!
 *パンケーキミックス(朝食にパンケーキを時々、食べて、なんか日本のホットケーキミックスとはちがうんです)
 *娘の洋服(実際は、夫の母に買ってもらったりクリスマスのプレゼントでいろいろもらったり)
 *CD(CDは、アメリカのが安いそう)
  レゲエとジャズ
 *おみやげ
 *イケアで、星のライト
  などなど

なんだかんだいって結局帰りは、スーツケースが、ぱんぱんになって帰ってくることになります。
[PR]
by makimakonivy | 2008-02-10 12:08 | travel

東京でみつけた物

d0052365_21383831.jpg


夫の展覧会の打ち合わせにタミゼに行ってきました。
駅から歩いて疲れていたのに、店内を、とりあえず、ぐるっとひとまわり。
打ち合わせ前に ひとつとっても気になるものを見つけました。

そうこの写真の靴の木型。
そして、書いてあったサイズが、まさに私のサイズ。

なんとも美しいラインにこの木の感じ。いすに座ってじっくり眺めました。

そして、その合間にまわりの空間、物、雰囲気も眺めました。
いつ来ても タミゼは、居心地の良い洗練された場所です。

今、私の部屋を見回すと、なんだか、よけいなものがちらほらあります。
たとえば、新しく取り入れたスカパーの番組表、ビデオテープの外側のパッケージの感じ、ティッシュの箱、などなど、美しくないものがけっこうあります。

美しい空間を維持することってなかなか難しいことですね。
[PR]
by makimakonivy | 2006-05-09 21:51 | travel

東京から戻りました。

 3泊4日の東京から戻ってきました。
 それにしても、お腹が大きくなったせいで、自分でもびっくりするほど、歩くのが大変になってきました。
 普段、歩かない生活をしているので、東京で、歩く機会の多さを思い知らされました。

 それから、一番のイベントは、夫に会えたこと!
 1ヶ月以上、会わなかったので、さすがに会えた時は、感動で涙してしまいました。

 夫は、なんだか、少し体重が落ちていたようでした。
 逆に私は、夫が、私のお腹を見て 「すごい大きい!」 とびっくりされました。

 そして、東京では、何回か電車に乗る機会があり、その時、この大きなお腹を見て、わざわざ席を譲ってくださった方が何人かいて、そのつど そのやさしさに また涙ぐんでしまいました。なんだか、ここのところ、涙もろいというか、涙腺がゆるくなってきました。

 それから、夫に胎動を感じてもらえたこともやっぱりうれしかった!
 お腹の子は、わかったのでしょうか?夫が手をおいたあたりに答えるように動いたりしました。

 とりあえず、今日は、このへんにしておきます。
 また、おって、東京のこと書きたいと思います。
[PR]
by makimakonivy | 2006-05-06 22:40 | travel

東京レポートその3

 今日の夕方、コンピューターを持っていってもらいます。本格的、修理に出すことに。ちょうど、きりきり保障期間内なので、この際、しっかり点検していい状態で戻ってきて欲しいです。

 そんなわけで、今日は、最終東京レポート!

 東京の3日目はアンティークタミゼに夫の展覧会の打ち合わせにいくのが、メインでした。でも、その前に、時間が少しあるので、さあ、どうしよう。夫が、OILdesignさんに電話してみたらということで、聞いてみました。すると、ちょうど、私が、西荻窪の地図を見ていたとき(知り合いの人が個展をの案内をくれていたこともあって)に、西荻窪が、おすすめということで、西荻窪に向かいました。

 新宿の駅で電車を待っていると外国人に夫が声をかけられました。それで、2冊の本をみせられました。スピリチュアルなんとかって英語で書いてあったのと、もうひとつは、ヨガとか輪廻の本。そして、私に気づくと、今度は、日本語の本を持ってきてくれた。なんとその人の奥さんは、日本人。その人も輪廻についての本は面白いからぜひ読んでといった。そして、気持ちでいいから寄付をしてほしいと。そうこうしているうちに電車が。そして同じ方向だから一緒に乗ろう、と。乗ったとたん、今度は、箱に入ったオルガンみたいなのをみせてくれた。
 私は、正直、そういうことに興味津々。ヨガにしろ、輪廻にしろ、オルガンにしろ。
 でも夫は、いちおう警戒している様子だったので、私も自分がヨガをやっていることをふせておいた。結局、夫は、本はいいからといった。でも、お金じゃないからと一冊夫に本をプレゼントしてくれた。私は、迷って、持っていた小銭の300円をわたすことに。
 そして、その二人は、二駅ほどで電車を降りた。

 そのあと、夫とぱらぱらとその本をみながら、うーーーーん。と二人で考えめぐらした。
 気づくと、また新宿に戻っていた。(たぶん、どこかで折り返し運転をしてたのだと思う。)なんだか、きつねにつままれたような時間だった。

 それで、また気を取り直し、西荻窪へ。

 まず、知り合いの個展にいきました。石田誠さんの陶器の展覧会。一度、二人展を松山でしたことがあって、石田さんは、とってもチャーミングな人。また会いたいです。 

 それから、ブリキ星。ここは、空間と特に人がなんともいい時間と空気感をもっています。そこにいくと、私までゆったりした人になれる気がします。ああ、こんな人になれたらいいなあという人。(わたしにとって)

 あとは、無あいそ(漢字を忘れてしまった)。そこにあった、いろはにほへとのスタンプ、ほしかったなあ。でも、ちょっと高かった。

 さて、最終目的のタミゼ。
 やっぱりここもいい空間。オーナーの好みがとてもしっかりしている。そのゆらぎなさに私は、感心する。
 そして、もって行ったワインとチーズをわたすとささっと、いい感じの木箱をテーブルにして、それをかこんで、オーナーがおいしい洋酒(名前、ど忘れしちゃった)をまずだしてくれた。それから、京都のオイルサーディンとかナッツとか。
 お店の閉店後、近くのリムアート(アート系の本屋さん)につれてってもらい、みんなで、飲みに行きました。楽しい時間でした。

 さて、最終日は、電球の工場と、東京芸大。
 電球の工場については、また、あらためて紹介します。
[PR]
by makimakonivy | 2005-10-06 10:07 | travel

東京レポートその2

 2日目は原宿と新宿。

 どちらも久しく行ってなかった街です。
 原宿といえば、中学生のころ、どうしても原宿に行きたくて家族旅行を東京にしてもらい、ディズニーランドと原宿に行った気がします。

 まあ、それは、さておき。
 今回は、ZAKKAとCINQに行ってきました。
 ZAKKAでは井山三希子さんの陶芸展をやっていました。白と黒のシンプルな器を作る人です。私は、どちらかといえば、黒い器のほうが好きでした。それでもって、いいと思う器は、すでに赤丸がついていました。
 そして、CINQ.ここは、割とこじんまりしたお店で、やっぱり、今のシンプル感の漂うお店でした。そこでは、スエーデンのリボンを赤、青5mずつ買いました。本当は、ロールでほしかったんだけど。。。。。。。

 新宿は、今回のメイン。日本のクラフト、、、、、のオープニングパーティーに参加するため。
 その前に漆の大西さんのレクチャーを聞きました。かなり予定を延長してのなかなか面白いスライドレクチャーでした。
 偶然にも大学時代の同級生も来ていて、うれしかったです。
 なんか、ほっとしました。(もしかしたら会えるかなあとおもってたんですが。)
 わりと、年配の方が多いかんじで、OOちゃんが、いなければ、ちょっと緊張しそうでした。でも、OOちゃんのあいかわらずのノリで、楽しいひと時を過ごすことができました。
[PR]
by makimakonivy | 2005-10-04 22:11 | travel

東京レポート

 コンピューターが、不安定なせいで、写真は、更新できませんが、忘れないうちに東京のレポートです。

 まず、 東京は、やっぱり面白い!

 一日目は、東京でなく横浜でした。そして、横浜トリエンナーレに行ってきました。
 現代アートのイベント。 でも、実は、少し期待はずれでした。
 なんか、正直、学園祭の延長みたいでした。

 最初、会場にいくまでの港のとこにボートがあって、そこをラウンジみたいにした作品がありました。それは、夫も私もなんか好きな感じでした。夫は、こういうとこに住みたいといいだしたくらい。それで、まあ、大きな倉庫が会場になっていて、たくさんのアーティストが出品していたのですが、なんだか、まだ準備中みたいなところもあったりして、いまひとつ、感動が、なかった。

 ただ、10年ぶりに今ではもう世界的に有名になった奈良美智さんに再会しました。
 彼のほうは、私の名前は覚えてなかったようですが、こんにちは!と声をかけたとき、顔は思い出してくれたようで、ちょっと待って!といって、あ、ガラスの、、、、、、と言って、名前を思い出そうとしてくれました。それで、夫を紹介したり、少し話してるうちにほかの人からも声をかけられ、そっちに行ってしまいました。
 有名になると、きっといろいろ大変なこともあるんだろうなあと 思い巡らしたりしました。

 あとは、マクドナルドの紙袋などを使って木を作ったりした作品が良かったです。(うまく説明できないですが)


 行きも帰りも横浜駅からシーバスという船にのって、なんだか旅行気分!

 そして、東京に住んでいる友達に会いに横浜から電車に乗りました。
 駅で待ち合わせて友達の家へ。今、実家のほうの友達が、二人で一緒に暮らしています。
 久々にあって、ホットプレートで焼肉しました。とても楽しい時間でした。

 今日のところは、このへんで。また明日、東京レポートその2を報告します。
 
[PR]
by makimakonivy | 2005-10-03 21:33 | travel

久しぶりの小旅行

ひょうたんと龍。という友達のOILdesignさんのブログをさっき見てびっくり。なんと、今日、そして、おとついも、ひょうたんをみてきたばっかり。

 17,18,19と小旅行にでかけました。長浜と京都の旅。メインは、内藤礼さんの“舟送り”に参加すること。でも、その前にトラックバックするから、ひょうたんのこと。
 京都の旅を決めてから、いちおう、ガイドブックをぱらっとみたりして、妙心寺のひょうたん型のしょうじの写真が、とっても気になりそこへ行って来ました。
d0052365_2182733.jpg

ここは、庭も素晴らしく、一見の価値ありです!そして、水琴沓(水が、下に流れて、その下においてある瓶に伝わり、なんともいえない音色をだすもの)の音に、聞き入り、時々、ポーンという、竹の意思にあたる音の風情が、また、なんともいえませんでした。
 
それから、二日前の17日は、私も赤木さんの展覧会を見に、長浜へ。
d0052365_21124543.jpg






思いがけず、黒壁の町を歩いていると、ひょうたんが、ぶらさがっていたので、ついパチリ。それから、道路のマンホールもなんと、ひょうたん。d0052365_2114464.jpg
そして、念願の 季の雲ギャラリーへ。なんと、赤木さんの器で食べるコースを楽しみました。昼間から赤ワインを飲みながら!
d0052365_21175298.jpg

普段、漆の器といったら、お味噌汁とか汁物にしか使わなかったので、とっても新鮮でした。

さてさて、これまた、OILdesignさんの2,3日前のブログから、気になったものを写真に撮ってきました。さきほどの妙心寺さんのトイレのマークです。d0052365_21205990.jpg
d0052365_21211974.jpg


 






それでは、最後に今回のメインの内藤礼さんの“舟送り”について。
 まず、人が、とってもたくさん来ていました。参加できるのは、限定30名で、事前に応募した人のみだったのだけれど、見学もできるということで、参加者の何倍もの見学の人たちがいました。
 改めて、人の引力について、考えさせられました。
 この前の万博といい、人は、なにかの力によって、集まってきたりする。

 まあ、それはさておき、前から、気になっていた、現代美術アーティストの内藤礼さん。繊細な素材を用いて、空間を作り出す人です。今回は、京都にある、大山崎山荘美術館にて展示がされていました。9月25日までです。
 白い空気感が、とても神聖な世界を創り出していて、その舟送りに参加できたことは、すごいチャンスだったと思います。
 内藤礼さんは、うまれながらにアーティストなのだろうなあと思いました。
 それが、終わってから、そのまま帰るのもなんだか後ろ髪ひかれたので、内藤礼さんの近くに言って、少し、様子をみていたら、思い切ってしゃべりかけてみようという、気持ちになり、大胆にも声をかけました。
 以前から、作品が気になっていたこと、参加できてうれしかったことなどを、伝えました。
 また、日ごろから、思っていた質問を聞いてみたりしました。
 
 帰りに前から欲しかった内藤礼さんの作品集と直島の家のプロジェクトの本を買ってきました。(かなり早い誕生日プレゼントということにしました)

 そうそう、今回の旅では、赤木さん家族にもお会いできたし、偶然にも京都のバスの中で夫の東京の個展の時に知り合いになった漆の作家さんにあったり、また、素敵な再会もあったりして、とても有意義な旅でした。

 
 
 
 
[PR]
by makimakonivy | 2005-09-19 21:47 | travel

ついに行って来ました。

 昨日、夜間割引で万博、行って来ました。夫と、夫の友人、私と、そして、途中、母と妹と落ち合っての万博。
 その感想は、とにかくひたすら歩く、待つ!そして、食べ物が高い。 

 5時以降からの万博で、まず瀬戸会場にはいり、ゴンドラへ。(まず、ここで50分待ち)そして、長久手会場。夕日が美しかったです。
d0052365_1419568.jpg


 待ち合わせた夫の友人は、ジャンボフランクを持って登場。それを見た夫もすかさず欲しくなり、また、並ぶ。ジャンボフランクが1本500円!迷って、同じ値段の串かつ3本を私は、注文。そんなに欲しくなかったけど、何か食べておかないとと思い、しょうがなく。。。。。。

 と、なんだか、万博。私にとっては、いまひとつムードではじまりました。

 でも、とにかく楽しもうと、みんなで、さあどうする?と、とりあえず、歩き始めた。
 そして、夫の友人が、キューバに行ってみようと、提案。
 しかし、入り口に一歩はいったところで、やめた!と、むきをかえた。
 そして、その彼が、キューバの話をしてくれた。キューバは、金属の彫刻が、時を経て、朽ちていくように、その町の建物なんかもペンキがはげて、彼にとっては、その感じが、また美しかったらしい。それを、このキューバ館では、真新しいペンキのキューバっぽい建物の感じのふうに壁がなっていた。
 もう見る気がしなくなったらしい。

 そして、もう各国のパビリオンは、あきらめようと、言うが、私が、でも企業館は、すごく待つらしいよというと、それも待ちたくないねというふうになり、とにかく歩いてみることに。

 結局、待って入るところは、素通りし、(妹からフランス館がいいよと、聞いていたので、ちょっと後ろ髪をひかれつつ、横目にみつつ、)結局入ったのは、リビア館、南アフリカ館。どちらも、ちょっぴり、おみやげと、その国の紹介ぽいかんじのみ。(あ、でも、人類最古の足跡をみました。でも、どうやったら、それが、一番古いものだとわかるのでしょう???あと、橋本龍太郎氏も来ていました。何かやたら、人々が注目していると思ったら、橋本氏が、記帳していました。)
 でも、アフリカ館の近くで、アフリカの人のダンスと歌が、1曲きけたのは、すごくよかったです。ちょっと鳥肌立ちました。ステージの前で、日本人の子どもが、あわせて踊っていたのもとてもかわいかったし。

 そんなところで、母と妹と待ち合わせの時間になり、アメリカ館の前へ。

 妹が、池かどこかでやるナイトショーをみたいということで、みんなで、移動。
 でももうすでに人がいっぱい過ぎて、ほとんど見れませんでした。

 そして、最後は、母が、観覧車にのりたいということで、また長い距離を歩いて移動。
 観覧車で締めくくりました。
d0052365_14115549.jpg

P.S.
 母と妹は、赤十字館に並んで入り、その映像をみて、自分たちの住んでいる日本が、よその発展途上国と比べて、あまりの裕福さに気付かされ、反省とともに落ち込んでしまい、さらには、食欲もなくなってしまったそうです。
d0052365_14124127.jpg

 ところで、これって、いったいなんだったんだろう?
[PR]
by makimakonivy | 2005-09-16 14:23 | travel

旅に持っていった本たち。

先日までの旅で持っていった本たち。
 今日は、OILdesignさんのブログを読んで、まさに私も3冊、もってったよ!と、うれしくなりました。下記が、その3冊。
d0052365_7414794.jpg

 まず、玄侑宗九/A.スマナサーラ、なぜ、悩む!。この本は、お二人の仏教対談。いろんなテーマを様々な角度からお話されていて、たぶん、何度か読んでわかってくることもあるだろうし、また、自分が、思い込んでいたり、縛られていたような考え方をころっと、変えてくれるような気持ちになったりしました。まだ、全部は、読んでいませんが。。。。

 そして、禅の暮らし。私は、ちょっと、気を抜いていると、すぐ、自分の部屋は汚くなるし、服や物や、雑誌や本が、収拾つかなくなることが、ままあります。(いま、まさに私の部屋はすごいことになっている)そんなわけで、そぎ落とされ、何もない、シンプルな暮らしに、猛烈にあこがれることがあります。この本は、簡単に、座禅のこと、禅のことを紹介してくれています。また精進料理の作り方も、のっているので、ちょっとやってみようとすんなりとりかかれそうなところがいいです。

 そして、ふたりヨーガ楽健法。この本は、瑞浪芸術館の理事長さんでもあり、陶芸家の近藤さんのお宅での本棚にあり、ずーっと気になっていて、この前、ネットオークションで手に入れたものです。二人でできる足でおこなう健康法。やっぱり、仏教のことも少しかかれていて、イラストもすごくわかりやすい素敵な本です。

 
[PR]
by makimakonivy | 2005-09-08 08:07 | travel

夏休みダイジェスト その2

 今日もまだ、時差ぼけ!いつもひどい時差ぼけに悩まされる。今日は、3時間も昼寝をしてしまった。今日は、午前から掃除をしていてまだ今日の目標のはんぶんしかできてなかったので、てっきり夫が、起こしてくれるものと思っていたら、夫は、車のことをしていて(夫の車は、自分でリペアした古い車にのっています)おきたら、もう夕方。

d0052365_18113954.jpg
ハリケーンの翌日、庭にちらばっていた木や枝を拾い集めたあと。




d0052365_1813480.jpg
最終日、食べたBBQリブが、おいしかった!写真で見るとかなりヘビーにみえるけど、それまでわりと気をつけて、軽めの食事をとっていたためか、そのときは、がぶがぶっとおいしく食べれました。もちろん、全部は、たべきれなかったですが。
[PR]
by makimakonivy | 2005-09-04 19:17 | travel